糖質は悪者なんかじゃない!米も麺もズッ友だよ…!

一人暮らし

最近は糖質制限がブームですよね
ダイエットや健康法の流行は移り変わりが激しいですが、ここ数年ずっとブームが続いている気がします。

以前SNSで、回転寿司のしゃりを残してる写真を見たときは驚きました。
まぁ普通に炎上しましたけど。

しゃりを残すなら、最初から刺身を食べれば良いのでは…?

寿司のしゃり残しは極端にしても、糖質を悪とみなして意図的に避けている人は多いですよね。

しかし、私はその流れに逆らって主張します。
ズボラな一人暮らしにとって、米や麺は最高のパートナー!

広告

おいしいおかずには米が必要

日本人の主食は米です。
和食の基本は「一汁三菜」とよく言いますが、そこには必ずご飯があるわけです。

バランスが取れた食事の定義は、主食があってこそなんですよね。

…なんてもっともらしいことを言いましたが、ズボラな一人暮らしにとって「一汁三菜」は幻です。
そう、単純においしいおかずには米が必要でしょ!

  • 肉に白米!
  • 揚げ物に白米!
  • 魚にも白米!
  • とりあえず白米!

おいしいおかずは、ご飯の力で更に輝きを増します。
いえ、もしかしたら輝いているのはご飯の方なのかもしれません。

丼ぶりもおいしいよね。チャーハンもおいしいよね。
ご飯は間違いなく正義…!

麺の手軽さは異常だと思う

昼ご飯は面倒だからパパッっと済ませたいなぁ

残業終わった…疲れた…今日はもう何もしたくない…

そんな感じで食事の準備に時間をかけたくないとき、強い味方になるのが麺です。

  1. ラーメン
  2. パスタ
  3. うどん

上記のお三方には、誰もがお世話になっていることでしょう。
お湯を沸かすだけだったり、レンチンしてソースをかけるだけだったり……神かな?

特にパスタをレンジで茹でることを覚えてからは、QOLが爆上がりしました。
※QOL…Quality of Life=生活の質

  • 時短でカンタン
  • おまけに安い
  • なんとなく栄養も摂れる(冷凍野菜や卵を入れれば)

麺料理は一人暮らしだけではなく、家庭にとってもありがたい存在ですよね!

“糖質オフ”には心が躍らない

糖質制限のブームによって、最近は糖質オフを売りにした食品をよく見かけます。

低糖質とおいしさを両立している商品も多く、日本の開発技術ってすばらしい!
他にも白米をカリフラワーで再現したり、麺を白滝にしてみたり、料理業界の方の発想力も本当にすごいです。

でも…テンションは上がらない…

味も満足感も、本物の米や麺が最強すぎる。
それにスイーツは…罪悪感を感じながら食べるのがすごくおいしいから…!

ズボラ人間、糖質制限をやれと言われても全然できる気がしない件。

なお、糖質オフの食品は「糖質制限をしている人が、罪悪感を感じずに食事や間食を楽しめる」がコンセプトです。
だから私のような人間は、最初からお呼びではないんですよね(笑)

糖質さんとはこれからも仲良く暮らしていきたい

糖質制限の流行によって、世間からは目の敵にされがちな糖質。

でも米を代表とした主食は体に必要な栄養素だから、少なすぎてもバランスの良い食事とは言えません。
そしてズボラな一人暮らしにとって、米や麺は最高のパートナーです!

  • おいしい
  • 手軽で安い
  • 満足感を得られる

米や麺のいない生活なんて、もう考えられない…
いつもありがとう米!麺!

あと糖質のかたまりともいえるお菓子やスイーツも、甘党には必要な存在です。
生活の潤い。心のオアシスです。

ただ、確かに糖質の高い食品は「ついつい食べ過ぎてしまう」ため、制限しなければという気持ちもわかります。
太ったら後が大変ですからね…ダイエットとか無理ゲー。
それにもし糖尿病になってしまったら、大好きな糖質を強制的に制限する必要も出てきますし。

でも過剰摂取が危険なのは何でも同じなんです!
糖質だけがダイエットや健康の敵ではありません!

その辺りを意識しながら、糖質さんとは「ほどほどの距離感で」「少なすぎず多すぎずこれからも仲良く暮らしていきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました