アセクシャルなオタクにとっての「推し」と「恋愛」の違いとは?

Aロマ・Aセク

突然ですが、推しって尊いですよね…!

「推しがいるから、勉強や仕事をなんとか頑張れてる!」という方も多いのではないでしょうか?

でも推しの存在を他人に明かすと、

なるほど、そういう人が好きなんだ~!

って恋愛的な解釈をされたり、

(うわぁ、良い歳して夢見ちゃって…現実見ろよ) 

って感じで引かれてしまったりしませんか?

「いや、推しと恋愛は別物なんだけど…」と反論しても、推しが異性の場合はどうしても人から邪推されてしまいますよね。

この記事では、そんな不満やストレスを抱えている方のために、

  • 恋愛感情を持たないアロマンティック・アセクシャル
  • 二次元(マンガ・アニメ・ゲーム)のオタク

である私が、「推し」と「恋愛」の違いについて解説していきます!

広告

「推し」に抱く感情について

あなたの推しは誰ですか?

どういったジャンルの方ですか?

私の推しは、

  • アプリのキャラクター
  • 漫画のキャラクター
  • 現実世界のミュージシャン

が中心ですが、他にもいろいろなジャンルがありますよね。


代表的な例
  • アイドル
  • 俳優
  • 芸能人
  • スポーツ選手
  • YouTuber

その業界やジャンルの中で特別に好きな存在、それが「推し」です。

とにかく「推し」の二文字には、特大の”好き”が盛り込まれています。


生き様にめっちゃ憧れる!かっこいい!

顔が良い…発言も…何もかもがかわいい…

尊い…好き………

推しに対する感情が大きくなるほど、オタクは語彙力をなくします。

そんな感じで推しを全力で応援していると、

  • 推しが好きな人たちと語り合いたい
  • 他の人に推しの良さを布教したい
  • 新しくファンになってくれる人がいたらうれしい

という気持ちを抱くようになります。

同担と推しの魅力を語り合うのは、すごく楽しいですよね。

他のジャンルの人や他担が自分の推しをほめていたら、うれしくなりますよね。

特別に好きだから、みんなで応援して、ファンを増やして、盛り上げてあげたい!

推しに対しては、そう思っている方がきっと多いのではないでしょうか?


恋愛感情の定義とは?

私は恋愛感情を持たないアロマンティック・アセクシャルなので、知識としての定義になります。

恋愛感情といえば

  • いつも相手のことを考えてしまう
  • 離れたくない、いつも一緒にいたい
  • 自分だけを見てほしい
  • 自分だけを特別に好きになってほしい

といった気持ちになることが一般的です。

恋愛感情とは、相手と特別な関係になったり、相手を独占することを望むもの。

周りの人の様子やマンガなどで得た知識ではありますが、大体こんな感じですよね。


「推し」と「恋愛」は何が違うのか?

「推し」と「恋愛」は、どちらも相手のことが「特別に好き」でたまらない状態です。

でも”好き”にだって、いろいろな”好き”がありますよね。

友達や家族に抱く”好き”と、恋愛感情の”好き”が違うことは一般常識です。


だったら推しへの”好き”も、恋愛とは違う種類の”好き”として成立したっていいじゃないですか。

何一つ不思議なことはありません。自然な流れです。


異性への好意すべてに、勝手に恋愛フィルターをかけるのはやめてほしい!


繰り返しになりますが「推し」と「恋愛」は別物です。

そして「推し」と「恋愛」の明確な違いは、「相手に何を求めるか」です。


基本的に恋愛は、お互いに特別な存在になることを望みます。

自分だけが一方的に好きでいる状態では満足できず、相手からの「特別な好き」と「近くにいる権利」独占したいと感じるのです。


しかし、推しに対してはそういった特別な関係性は望みません。

  • 自分は大勢のファンの中の一人で
  • 自分が一方的に好きだと思っているだけで
  • ファンみんなで推しを応援して
  • 推しがたくさんの人に愛されてくれれば…

それだけで満足なんです。

ファンとしては全力で応援するけど、私個人の存在は、推しにとって別に必要不可欠ではないんですよね。


「推し」はLIKEでもLOVEでも表現できない存在

ここまで解説してきたとおり、推しに向ける感情は恋愛感情とは異なります。

恋愛感情は

  • 自分だけを見てほしい
  • 自分だけを特別に好きになってほしい

と思い、相手と特別な関係になったり、独占することを望みます。

一方で推しには

  • みんなで応援したい
  • 多くの人に推しの良さを知ってもらいたい

といった気持ちを抱き、大勢のファンの中の一人でいるだけで満足します。


つまり、推しが大活躍して、多くの人に愛されてくれたらそれで良いのです。


しかし、ほとんどの人の頭の中では「異性を好きになる=恋愛感情」という図式が成立しています。

異性の友達とちょっと仲良くしているだけで、あらぬウワサが広まってしまう世の中です。


推しが好き!大好き!

なんて言ったら、そりゃ「恋愛的な意味で好きなんだな」と思われてしまいますよね…。

確かに、によっては推しとの疑似恋愛を楽しんだり、リア恋をしている場合もあるので、線引きは難しいでしょう。

>>>二次元の推しに恋する「フィクトロマンティック」とは?

それでも…

  • 推しは推し
  • それ以上でもそれ以下でもない
  • 自分にとって唯一無二
  • LIKEでもLOVEでも表現できない、特別な存在だから「推し」

なのです!

だから、あなた自身が信じている推しへの感情を貫いてください。

そして周りの人への不満やストレスはパワーに変えて、今日も推し活を頑張っていきましょう!(課金やお布施は計画的に!)


コメント

タイトルとURLをコピーしました