「男女の友情は成立するのか?」問題をアセクシャルの立場で考えてみました

Aロマ・Aセク

「男女の友情は成立するのか?」

昔から議論されてきた、人類の永遠のテーマですよね。

ネットで検索すると、意見は大体まっぷたつに分かれています。


実際に私が学校でディベートをしたときも、成立する派としない派は半々でしたね

そんな定番のテーマについて、

  • 恋愛感情を持たないアロマンティック・アセクシャルを自認
  • シスジェンダー女性(心も体も女性で一致)

である私の立場から、考えていきたいと思います。

広告

そもそもアセクシャルは「男女の友情」を議論する前提条件を満たしていない

「男女の友情は成立するのか?」

そもそもこの問題には、議論をするための前提条件があります。

その前提条件というのが

  • 異性愛者(ヘテロセクシャル)
  • 心と体の性別が一致している人(シスジェンダー)

であることです。


完全にマジョリティ(多数派)向け!

そして「男女の友情は成立するのか?」は、マジョリティの中でも意見が半々に分かれる議題です。

多くの人の意見が真っ向から対立するこそ、白熱した議論になるわけですね。


しかし私のようなアロマンティック・アセクシャルの立場だと「男女の友情は成立する」の一択です。


そもそも恋愛感情が存在しないので…

これがもしも同性愛者であれば、男女の間にあるのは友情だけです。

他のセクシャルマイノリィの立場で考えてみても

  • 心は女性で体は男性な異性愛者は?(トランジェンダー)
  • 男でも女でもない人はどうなるの?(エックスジェンダー)
  • 逆に両性愛者は、男女どちらにも友情が成立しないってこと?(バイセクシャル)

疑問がどんどん出てきます。


もう「男女の友情は成立するのか?」というテーマ自体がナンセンスじゃん!

と言いたいところですが、あくまでも世の中の基準はマジョリティです。

だからセクシャルマイノリィは、そもそも議論するための前提条件を満たしていないんですよね…。

それでもアロマンティック・アセクシャルの視点から、さらに男女の友情について話を掘り下げていきたいと思います。


自分がアセクシャルでも、相手によっては男女の友情は成立しない?

先ほどは、アロマンティック・アセクシャルにとって「男女の友情は成立する」の一択だとお伝えしました。

ただ自分がいくら友達だと思っていても、相手が異性愛者・両性愛者だったら、一方的に恋愛感情を持たれてしまう可能性があります。


片方が恋愛感情を抱いてしまったら、それはもう友達じゃないのでは…?


関係性によっては、失恋後に友達に戻れる可能性もありますが…難しいかもしれません。


もちろん、性別だけが恋愛対象を決める基準ではないことは知っています。


  • 顔や性格がタイプじゃなかったり
  • 友達としては良い人けど、恋人向きではないと思ったり

恋愛感情を持っている人には、恋愛対象として「アリ」か「ナシ」の線引きがどこかにあるみたいですね。

しかし恋愛感情を持っている以上、何かのキッカケで「今までは意識していなかったのに、ある日突然…!」みたいなことがあるわけです。

アロマンティック・アセクシャルには、なかなか理解が難しい話ですが…。


友情が恋愛に発展するってどういうこと?

そう考えると、相手にとって自分が恋愛対象の性別である限り、どうしても友情が成立しない可能性が残ってしまうのです。


男女の友情が成立したとしても、周りの人には勘違いされる

お互いに性別や性的指向が恋愛対象でなければ、男女の友情は成立します。

あと片方がヘテロやバイでも「恋愛関係になることはマジで絶対にありえない!」場合も、友情が成立していると仮定します。

そうした場合に困るのが、周りの人たちの反応です。


男女がちょっと親しくしているだけで、


もしかして…狙ってるの?

えっ、付き合ってたんだ!知らなかった!!

なんて勘違いを勝手にしてくるからです。



きっと多くの人が経験していますよね…


  • 学校や職場でウワサになったり
  • 商業施設の従業員など見知らぬ人にも「カップルですか?」と聞かれたり
  • 異性の友達に恋人がいる場合は、連絡を取り合うだけで浮気だと勘違いされたり

「男女=恋愛・カップル」の図式って本当に面倒!

そんな感じで、当人の間では友情が成立していても、男女の友達には障害が多いのが現実です。


結局「男女」と「恋愛」の問題は生きていくうえで避けられない

「男女の友情は成立するのか?」

アロマンティック・アセクシャルである私は、誰のことも好きになったことがないので、男女の友情は成立するし、成立してほしいと思っています。

しかし実際は難しいと考えていた方が無難なのかもしれません。


  • 相手がヘテロやバイだと、片思いされる可能性があったり、
  • 当人の間では友情が成立していても、周りの人に許されなかったり

このように、自分の気持ちだけではどうにもならないことがあるからです。

確かにセクシャルマイノリティは、「男女の友情は成立するのか?」を議論するための前提条件は満たしていません。

でも結局のところ「男女」「恋愛」は、生きていくうえでは避けられないテーマなんですよね。


実生活に落とし込んで考えると、本当に難しい問題です…


仮にセクシャルマイノリィの認知がもっと進んだとしても、「男女=恋愛・カップル」の図式は変わらないでしょう。

シスジェンダーが異性恋愛をすることが「世の中の普通」であることは、揺らぎようのない事実だからです。

それでもアロマンティック・アセクシャルは、まず知名度を上げていかないことには何も始まりません。

私としては支援や理解はいらないから、恋愛感情がないことを誰かに話したときに「ふーん、そうなんだ」と、素直に受け取ってもらえる世の中にはなってほしいと思ってます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました