恋愛感情がない人「アロマンティック・アセクシャル」とは?

Aロマ・Aセク

最近は「LGBT」という言葉が普及し、セクシャルマイノリティの話題がテレビやニュース、SNSで取り上げられることが増えてきました。

ただ「LGBT」はセクシャルマイノリティの中では多数派に該当するため、それ以外のセクシャリティは世間に認識すらされていないのが実情です。

今回の記事で紹介するのは、そんな知名度の低いセクシャルマイノリティの一つ。

異性にも同性にも恋愛感情を抱かない人「アロマンティック・アセクシャル」です。

当事者のひとりとして、悩んでいる誰かがこの言葉に出会える可能性を少しでも高めたくて記事を書きました。

みんなが当たり前に持っている恋愛感情が理解できない、自分はどこかおかしいんじゃないか

そんな思いを人知れず抱えて生きてきた方に、ぜひご覧いただきたく思います。

広告

アロマンティック・アセクシャルの定義

正確に表現すると「異性にも同性にも恋愛感情を抱かず、性的魅力も感じない人」のことを指します。

しかし、外国と日本では言葉の意味や定義が少し異なっている部分があります。


アロマンティック:他者に対して恋愛感情を抱かない

アセクシャル:他者に対して性的魅力を感じない
  ※ただし日本ではアロマンティックと同じ意味でも使用されることがある

ノンセクシャル:他人に恋愛感情を抱くものの性的魅力を感じない
  ※日本特有の言葉です(アロマンティックとアセクシャルを区別するため)

※アセクシュアル、エイセクシュアル、アセク、Aセクなど、他にもいくつかの呼び方や略称があります

「アロマンティック」と「アセクシャル」は外国で先に認知された概念です。

外国から輸入された言葉であること、そして少数派であるがために、日本では曖昧な部分がまだまだ多いのが実情なのです。


アロマンティック・アセクシャルの診断方法

自分が本当にアロマンティック・アセクシャルに当てはまるのか、誰かに診断をしてもらいたい人も多いと思います。

でも、アロマンティック・アセクシャルは病気ではないため診断はできません。
明確な判断基準もありません。

自分がそうだと思ったら名乗っていいのです

これを「自認」といいます。

ただ私はアロマンティック・アセクシャルを自認している当事者ですので、しいて例を挙げるとすれば下記のような特徴があります。


  • 他者に対して恋愛感情を抱いたことがない
  • どんなに努力しても友愛や親愛とは違う「愛」を理解できない
  • 恋バナに付いていけない、好きなタイプや芸能人を聞かれても困ってしまう
  • ドラマや漫画、歌などの恋愛要素に共感ができないが、ファンタジーとしては楽しんでいる
  • パートナーを持つことや結婚に興味が無い

※これらは私が感じていることなので、もちろんすべてに当てはまる必要はありません。

アロマンティック・アセクシャルの中にも、下記のように多様な価値観が存在します


  • 恋愛感情は理解できないけど憧れている
  • 他人の恋バナは聞くのは好き
  • パートナーがほしい
  • 友情結婚したい

正解なんてどこにもありません。

自分がアロマンティック・アセクシャルかもしれないと思って、自認が必要だと思ったら自認すればいいのです。


アロマンティック・アセクシャルを自認することの意義

アロマンティック・アセクシャルを自認することの意義は、「自分自身の気持ちが楽になること」にあります

いつの時代も、どこの国でも、恋愛の話題を完全に避けて生きることはほぼ不可能です。

そして、異性恋愛をすることが世の中の「普通」であることは間違いありません。


例えば「人を好きになったことがない、恋愛に興味がない」と誰かに言ったときに


まだ良い人に出会っていないだけだよ~

と言われたことはありませんか?


自分は本当の事を言っているのに、他人にまったく理解されなくて、悲しい気持ちになりますよね。

しかしその一方で、自分でもその可能性を完全に否定できずに、複雑な思いを抱いた経験はありませんか?


みんなが当たり前に持っている感情が、自分には存在しない。
でも、それを証明することもできない。

おそらく当事者にしかわからない感覚だと思いますが、つらく苦しいことです。


でも、そうやって自分がずっと悩んできたことに

  • 「アロマンティック・アセクシャル」という名前がついている
  • 同じ思いを抱いている仲間がいる

と知ることができれば、きっと気持ちが楽になるはずです。


当事者が長い間悩まずに済むように、アロマンティック・アセクシャルの知名度が上がったら良いですね。

そして、できれば周りの人に「ふーん、そうなんだ」と、自然に流してもらえる世の中になってほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました