意識が低い30代独身女がセミリタイアを目指す理由

セミリタイア

こんにちは、一生独身を宣言している30代の独身女です。

私は「人生のほとんどの時間を労働に注ぎ込むこと」に疑問を感じています。

仕事つらい…辞めたい…

ていうか独身で60歳まで働いて何か良いことあるの…?

そんな疑問がどんどん大きくなっていった結果、私はセミリタイアを本気で目指すことを決意しました。

広告

そもそも働くことが嫌い

実にシンプルですね、大前提の話です。

仕事が嫌いだからセミリタイアしたい

ここで突然の質問ですが、あなたが仕事に求めているものは何ですか?

  • やりがいを感じたい
  • スキルアップしたい
  • 他人や社会の評価を得たい
  • 天職だから考えたことがない

大体こんなところでしょうか。

いえ、大切なものがもう一つあります。

 料 で す 。

生きていくためにはお金が必要だから、仕方なく働いているんだ…!

そう思っている方は、世の中にたくんさいるのではないでしょうか?

お金のためだけに働いているのなら、生きていくのに充分な資産さえあれば、辞表を出したくなるのは当然ですよね。


仕事を頑張るための強い理由がない

仕事をしていると「つらい」「しんどい」を思うことは多々あります。

そんなとき、あなたは何のために頑張ろうと考えますか?

  • 家族を守るため
  • 豊かな生活を送りたいから
  • 旅行や趣味に使えるお金を増やすため

この中でおそらく一番強い理由は「家族」でしょう。
特に子どもがいる方は、教育資金などで多くのお金が必要になりますからね。

では、守るべき家族がいない独身者の場合はどうでしょうか。

独身者が、労働のつらさと頑張る理由を天秤にかけたとき、どちらが勝つと思いますか?

結論から申し上げると、自分が置かれている環境や価値観によって異なります。

  • 貧乏な生活は絶対に嫌だ
  • 年に一度は海外旅行に行きたい
  • 趣味のグッズを買うために毎年○万円が必要

このように譲れない条件を持つ方もいれば、そこそこのレベルで妥協できる方もいます。

推しのためなら頑張れる!!

いや、基本給で充分なので定時で上がらせて…

私も20代のうちは、趣味を楽しむために何とか頑張れていました。

でも30代を超えたら、労働のつらさの方が勝つようになってしまったのです。

仕事を頑張るための理由が弱くなると、働くことのつらさが余計に身に沁みてくるんですよね…。


あと30年、働き続ける未来を想像できるか?

30代の方が定年退職を迎えるまであと20~30年あります。

定年や年金の制度改定によっては、もっと長く働き続けることになるかもしれません。

  • 労働が嫌い
  • 働く理由よりも、つらさの方が大きい

私のように30代の時点で既に息切れしている方は、あと30年も会社員を続ける自信はありますか?

体力や思考力がどんどん落ちていく中、責任ばかり増えて給料は大して上がらず…そんな状況で働き続けられますか?

もしそんな会社員人生に疑問を感じたのなら、セミリタイアという選択肢について考えるべきです。

適齢期を過ぎても独身でいると、あらぬ偏見や差別にさらされる機会が多くなります。

独身者は守るべきものがないから、責任感や信用がないんだ!

まぁその通りですよね。言いたい人には言わせておいてください。

そうです独身者は自分一人だけが逃げ切れれば良いんです。

  • 生活のレベルを落としても文句を言う人がいない
  • 資産運用のリスクを高めに設定できる
  • 用意すべき資産額も少なくて良い

支出のコントロールと資産形成は、セミリタイアを目指すために必要なことです。

自分の裁量だけで動ける独身者は有利だと考えて、早めにこの社畜レースから離脱してしまいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました