株は危険?借金を抱えて人生終了?日本人が持つ「投資」の間違ったイメージ

投資の知識

投資をした方が良いって最近よく聞くけど、株って危ないんでしょ?
失敗したら人生終了でしょ?

なかなか投資を始められない方の中には、株に対してそのようなイメージを抱いている方が多いのではないでしょうか。
私も昔は「株=大損して借金生活」だと思っていたため、投資に関する話は自分から遠ざけていました。

でもそのイメージは間違っています!
確かに株にはリスクはありますが、正しい知識で投資を行えば借金を背負うことはありえません。

そこで今回の記事では、投資に興味はあるけど怖くて踏み出せない…という方が抱いている「株への誤解」を解くために、株取引について簡単に解説をしたいと思います。

広告

株はどんなに損をしても価値が0円になるだけ

まったく知識がない方は、この時点で「えっ!?」と思ったかもしれません。

たとえ投資をしていた会社が倒産してしまったとしても、株価はマイナスにはなりません。

もしも100万円分の株を買っていた場合は、それが0円になるだけです。
もちろん懐はめちゃくちゃ痛いですが、株の損失だけで借金を背負う事態にはなりませんよね。

「一つの会社に全財産を投入したら、その会社が倒産してしまった!」なんて状況じゃない限り、株で失敗した瞬間に人生が詰むことはないんです。


株で借金を背負うのは「信用取引」をしたとき

実は株には取引方法が2つあるのですが、株が怖いと思っている方は「信用取引」が株の購入ルールだと勘違いしている可能性があります。

現物取引……自分のお金で株を購入する
信用取引……証券会社にお金を借りて株を購入する

手元に資金が100万円ある場合、現物取引で購入できる株は100万円までですが、信用取引では約330万円まで購入することが可能です。

では、もしも信用取引で購入した株の価値が0円になってしまったら?
証券会社にお金を借りている状態なので、口座の残高はマイナスになってしまいますよね。
これが「株で失敗したら借金生活」というイメージの正体だと思われます。

信用取引は成功すれば短期間で大きな利益を得られますが、失敗したときのリスクもとても大きくなります。
初心者が安易に手を出すべき取引ではありませんし、興味のある方も知識や実力を十分につけてから挑戦した方が良いと思います。

株で生計を立てているプロや資産家、大企業、組織がひしめき合っている世界に初心者がいきなり殴り込んだところで、まず勝ち目は無いでしょう。


それでも株が怖い、損をするのが怖い方へ

いや…株で失敗しても借金はできないって言っても、100万円が0円になったら嫌じゃん!怖いじゃん!

…その通りです!損をするのは誰でも怖い!!

私自身もすごく心配性で、普段の生活でも常に失敗したときの想像をしてしまいます。
それでも投資をしているのは、背負ったリスク以上のリターンを得られる可能性が高いからです。

100万円で購入した株の損失は100万円まで、でも株価がどこまで伸びるかは誰にもわからないから利益は青天井。
もしかしたら300万円、400万円、いやもっともっと成長するかもしれません。
配当金狙いの投資だったら、100万円で購入した株で配当金を死ぬまで受け取り続けることができます。

一方、銀行預金の利率は0.001%、100万円を預けたとしても受け取れる利息はたったの10円です。
預貯金は元本が保証されることが最大の魅力ですが、ただ預けているだけの状態なのでお金を増やすことはできません。

それはなんだか勿体ないな…と思った方、まずその銀行に眠っているお金でちょっとだけ株を買ってみませんか?
現物取引なら借金を恐れる必要はありませんし、投資は決してギャンブルではありません。

また、どうしても現金が減ることに抵抗がある方には、ポイント投資もおすすめです。
株価が下がってもどうせポイントだから…と割り切れますし、株価が上がればポイントで利益を出せたことが嬉しく感じられます。

勇気を出して「投資でお金を増やす」仕組み作りへの第一歩を踏み出してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました